ニュース

ソフトバンクらブロックチェーン上での認証技術開発

ソフトバンク株式会社とアメリカのクラウドマインズは、ブロックチェーン技術を利用した認証サービスを開発した

この新しい認証方法はクラウドマインズ(ソフトバンクグループが出資しているAIなどの技術をもつ中国企業)のブロックチェーン技術とも認証プラットフォームを組み合わせたもので、ネットワークを経由した様々な脅威から利用者の情報を守るための機能も採用しているため、高度なセキュリティ性を保ち情報を管理することを可能にする。端末に付与されたIDと所有者の情報をつなげ、そのIDをブロックチェーン上で保管することでパスワードを入力せずしてサービスを利用することができる。

従来のパスワードを入力してのサービス利用だとパスワードの紛失の問題やIDが読み取られるなどのセキュリティ問題があったが、この技術により非中央政権型で自律的なネットワーク環境を維持することができる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. IMF「各国中央銀行は暗号通貨に公平な規制を」

  2. Basic Attention Token(BAT)とは?

  3. 日本の森林をブロックチェーンで守る

  4. 「回答していただければ報酬渡します」

  5. ヨーロッパ以外でビットコインデビットカードのサービスを停止

  6. インド、暗号通貨友好国を調査 規制緩和か

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ