ニュース

EOS、脆弱性否定

暗号通貨EOSの脆弱性が指摘されていたが、創設者ダン・ラリマー氏はその報道を否定し、中国大手セキュリティ企業360の指摘はEOSのイメージを攻撃するための煽り行為と判断しているようだ。

煽り行為であればいいが、実際にその脆弱性が煽りや杞憂出なかった場合、利用者は大きな被害を受けることとなる。EOS側はこの脆弱性の指摘を「煽り」としながらもTwitter上でそのような脆弱性がないか、また見つけたものには報酬を支払う、といった懸賞をかけ脆弱性の可能性を捨てきれない様子でもある。またEOSは開発組織の中央集権的な行動規約があるためEOSそのものではなく、そのシステムは人的要素が介在する複雑なものとなるのではないかという指摘がライトコイン創設者によって懸念されていた。

EOSの脆弱性は嘘であったのか、実在したが修正されたのか、不安を煽る形となってしまったが、EOS側も煽りだとしてもそれが煽りだという根拠や安全性の説明を手稲にに行ってくれれば、こうした不安を反感を生まずに済んだのではないだろうか。

EOSの脆弱性→https://coinsforest.com/p/10460/ EOS→https://coinsforest.com/p/9799/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所coincheck、ビットコイン購入クレカ対応開始

  2. 政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

  3. QUOINEグループはジブラルタル証券取引所と事業提携

  4. 暗号通貨投資は危険か

  5. アメリカで人気のスーパーボウルのCMで「ビットコイン先物」を宣伝

  6. 分散型取引所に高まる期待

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]