ニュース

EOS、脆弱性否定

暗号通貨EOSの脆弱性が指摘されていたが、創設者ダン・ラリマー氏はその報道を否定し、中国大手セキュリティ企業360の指摘はEOSのイメージを攻撃するための煽り行為と判断しているようだ。

煽り行為であればいいが、実際にその脆弱性が煽りや杞憂出なかった場合、利用者は大きな被害を受けることとなる。EOS側はこの脆弱性の指摘を「煽り」としながらもTwitter上でそのような脆弱性がないか、また見つけたものには報酬を支払う、といった懸賞をかけ脆弱性の可能性を捨てきれない様子でもある。またEOSは開発組織の中央集権的な行動規約があるためEOSそのものではなく、そのシステムは人的要素が介在する複雑なものとなるのではないかという指摘がライトコイン創設者によって懸念されていた。

EOSの脆弱性は嘘であったのか、実在したが修正されたのか、不安を煽る形となってしまったが、EOS側も煽りだとしてもそれが煽りだという根拠や安全性の説明を手稲にに行ってくれれば、こうした不安を反感を生まずに済んだのではないだろうか。

EOSの脆弱性→https://coinsforest.com/p/10460/ EOS→https://coinsforest.com/p/9799/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. LINE、金融業界へ動き出す

  2. グーグル、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発へ

  3. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  4. イタリアの規制状況

  5. メリルリンチがBTCの投信の受付を停止

  6. イングランド銀行の見据える今後

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備