ニュース

EOS、脆弱性否定

暗号通貨EOSの脆弱性が指摘されていたが、創設者ダン・ラリマー氏はその報道を否定し、中国大手セキュリティ企業360の指摘はEOSのイメージを攻撃するための煽り行為と判断しているようだ。

煽り行為であればいいが、実際にその脆弱性が煽りや杞憂出なかった場合、利用者は大きな被害を受けることとなる。EOS側はこの脆弱性の指摘を「煽り」としながらもTwitter上でそのような脆弱性がないか、また見つけたものには報酬を支払う、といった懸賞をかけ脆弱性の可能性を捨てきれない様子でもある。またEOSは開発組織の中央集権的な行動規約があるためEOSそのものではなく、そのシステムは人的要素が介在する複雑なものとなるのではないかという指摘がライトコイン創設者によって懸念されていた。

EOSの脆弱性は嘘であったのか、実在したが修正されたのか、不安を煽る形となってしまったが、EOS側も煽りだとしてもそれが煽りだという根拠や安全性の説明を手稲にに行ってくれれば、こうした不安を反感を生まずに済んだのではないだろうか。

EOSの脆弱性→https://coinsforest.com/p/10460/ EOS→https://coinsforest.com/p/9799/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号資産保持者を狙った新たな詐欺

  2. 北朝鮮ウイルス使い仮想通貨を不正入手

  3. 1週間(10/7~10/14)の注目記事

  4. ソニーはブロックチェーンで特許

  5. アジア最大のアートショーで仮想通貨決済導入

  6. 観光促進、暗号通貨企業に投資[オーストラリア]

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み