ニュース

gumi 30億円規模のファンド設立

スマホゲームを手掛けるgumiは300区円規模の暗号通貨向けファンドを設立することを発表した。資金は国内の金融機関など約10社から調達し、暗号通貨やブロックチェーン分野に関連した国内外のベンチャー企業に出資するようだ。この出資はgumi傘下の連結子会社を通じて出資する方針で、既にアメリカの4社に出資している。

このファンドは合同会社形式で法人を設立し、パートナーとしてアメリカの暗号通貨取引所、Evercoinの創業者ミコ・マツムラ氏が就任する。暗号通貨業界への企業の直接参入だけでなく、関連事業やファンドとしての参入も増加しており、市場の動きがより期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. チェコの駅にビットコインATM、10台設置

  2. 大物投資家ジョージ・ソロス氏、暗号通貨投資計画

  3. 規制がないために犯罪組織が活発化[リトアニア]

  4. bitFlyer、新規顧客の受け入れ自主的に停止か

  5. ケニアの農民が行ったこととは…

  6. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場