ニュース

ポーランド最大取引所、マルタへ移転予定

ポーランド最大の暗号通貨取引所、ビットベイは銀行が同取引所手の提携を中止したことを理由に事業を停止し、マルタ諸島へ拠点を移す予定のようだ。

ポーランド政府は禁止処置などを取ってはいないものの、暗号通貨に対する厳しい態度を示しており、反暗号通貨のスポンサー、反暗号通貨運動計画などを行っている。そうした状況から同国内銀行でも暗号通貨関連企業との協力関係は非常に不安定なものとなっている。ビットベイはそうした国内状況からサービスを続けていくことは困難と判断し、暗号通貨に友好的な規制をおこなっているマルタ諸島へ拠点を移して事業を行う予定のようである。

ポーランド反暗号通貨運動→https://coinsforest.com/p/10051/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スペインで「ブロックチェーン企業への特別減税法」検討か

  2. タイ証券取引所、ブロックチェーンプラットフォーム開始

  3. ゴールドマン・サックス「ビットコインは”バブル”だ」

  4. シンガポール中央銀行が新しいペイメントサービス

  5. 制裁回避手段として暗号通貨利用

  6. アメリカ税務当局が「仮想通貨は完全なる課税対象」と明言

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場