ニュース

EOS、脆弱性が見つかる

中国最大のインターネットセキュリティ会社360によって、EOSに重大な脆弱性が発見された。この脆弱性はノード(管理者)の乗っ取りが可能な脆弱性で、これを突かれると攻撃者がノードを支配下に置きサイバー攻撃を行ったり、利用者のデータを取得したりすることも可能になってしまう。

これらの脆弱性はEOS以外のブロックチェーンプラットフォームに影響を与える可能性のある新たなセキュリティリスクと同社は判断しており、ブロックチェーン業界やセキュリティ業者が協力してこのような抜け穴を排除し、安全性を高めていくことが大事としている。同社の脆弱性の指摘を受けEOS開発チームは問題が解決するまでメインネットを開始しないとしている。脆弱性があったのは残念だが、メインネットが実際に立ち上げられるまえに見つかることで被害は出なかったのが、不幸中の幸いというところだろうか。

EOSについて→https://coinsforest.com/p/9799/

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イランが暗号通貨を禁止

  2. Spotifyに導入してほしい機能最上位、XVG決済

  3. ICOの必要性

  4. ビットコイン、ギリシャ国民投票の影響もあり高値維持

  5. SECが詐欺ICOサイト立ち上げ、注意喚起

  6. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]