ニュース

無許可で暗号通貨投資募り、30億円調達[日本]

日本の証券取引等監視委員会は暗号通貨への投資を無許可で募集し、資金を集めた日本企業オレンジプラン、ゴールドマインの2社とそれぞれの代表取締役2名の業務差し止めを申し立てた。

これらの企業は金融証券取引業の登録がないのにもかかわらず、「週5%の利益が出る」などとうたい、約8000人から30億円以上も資金を集めた。さらには知り合いを勧誘すれば配当を支払うなどとして、マルチ商法で顧客の数を拡大させていった。しかしこれらの暗号通貨は投資されていなかった。そうした状況から投資家に被害が出ると証券取引等監視委員会は東京地方裁判所へ業務差し止めを申し立てた。現在2社は取引や配当の支払いを停止している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 個人間取引に最適なブロックチェーン技術

  2. シンガポール、金融当局がFinTech分野の研究に巨額の出資を決定

  3. ラトビアの規制状況

  4. ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

  5. マックコイン配布!!マクドナルド

  6. インターネットセキュリティのマカフィー氏、ビットコイン採掘施設の建設に…

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ