ニュース

押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

ドイツのバイエルン州検察当局は約15億円の押収した暗号通貨を売却した。

犯罪捜査で差し押さえされた資産を競売にかけることは特段珍しいことではなく、世界の法務執行機関では一般的に行われている処理方法となっている。今回押収された暗号通貨は価格変動が大きくリスクが高いために緊急売却を命じられた。現地メディアの報道によると売却されたのは1312BTC、1312BTG、1399BCH、220ETHで、これらは電子書籍やオーディオブックなどを違法に売買していたオンラインプラットフォームで利用されていた。この売却は一斉に行うのではなく、2か月間で1600件に分けて別々の取引で行われた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米国内で映画鑑賞がビットコインで可能に

  2. マウントゴックス事件有力者、暗殺される可能性

  3. テキサス州、ハリケーン直撃でビットコイン寄付

  4. gumi 30億円規模のファンド設立

  5. 暗号通貨の解説を行うVTuber

  6. 金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催