ニュース

ブロックチェーン技術は企業にとって重要な資産

監督コンサルタント企業、デトロイトは「ブロックチェーン技術は消費財産業にとって大きな資産となる」との見解を示し、「ブロックチェーン技術への投資を検討しない企業は将来的に後れを取る危険性がある」と述べた。

同社の新技術に関する報告書では「ブロックチェーン技術は金融業・消費者産業・製造業で標準的な運用技術になる」としている。ブロックチェーン技術でコストを抑えながら各産業の製品・サービスがより安全で透明性が保たれたものとなり、品質も向上するため消費者にとっても目安として認識される。どこかのどういう仕組みで得られているかわからない認可よりも、そういったプロセスで何が行われるかの透明性がもたらされるほうが消費者は信頼できるだろう。

履歴の追跡や情報管理が行えるのはサービスや商品を提供する側にとってはその品質や安全性を証明するものとして利用でき、消費者にとってはその証明が購入の際の判断材料となる。いままで横行していた偽装・詐称といったものを排除できるため、経済全体の健全化につながるのではないかとみられる。ただ日経新聞によるとブロックチェーンを将来活用しようと考えている企業は3割で、活用することはないと答えたのは6割となっていた。まだ、日本では暗号通貨市場規模に比べてブロックチェーン技術に関する研究取り組みが積極的にされていないための結果であるとも考えられるが、温度差のある結果であるように見える。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. GMOマイニング開始

  2. NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなく…

  3. 取引所にあるスプレッドとは?[初心者向け]

  4. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

  5. Aerial Partners、第三者割当増資による資金調達[ヤフーの…

  6. 電力取引にブロックチェーン技術[エネルギー業界での動き]

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]