取引所

取引所で本人確認後、口座凍結

暗号通貨取引所のポロニエックスの顧客が、本人確認手続きを終えてから口座を凍結されたことについて苦情を訴えている。

同取引所は世界で25位の取引高を持つ取引所で、これまでで本人確認情報を提供していない旧来の顧客に対して本人確認を行うように求め、情報検証したのちに取引を再開するとしていた。しかし、口座保有者たちは本人確認後「取引が続けられる」と通知を受け取ったのにもかかわらず、依然利用していた口座が凍結されており、利用できない状況になっている。

ポロニエックスではこの問題がなぜ起きているのか把握できていないようだが、顧客の預けた資産は安全に保管しているので安心してほしいと公式アナウンスを行っている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所のセキュリティ対策

  2. Bainance、素早い対応

  3. 仮想通貨の新団体は「みなし業者」を排除か

  4. 第6回研究会では「交換業者」が焦点

  5. バイナンス、ユーロでの取引導入か

  6. コインチェックもデータ提供

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す