暗号通貨

イーサリアムネットワーク上で開発されたアプリ1000個以上!

2017年イーサリアムネットワーク上で開発された分散型アプリケーション(DApps)の数は1090個、発行されたトークン数は700種以上ということが分かった。

イーサリウムの促進を目的にしたコミュニティでは毎日平均で10万人の新規ユーザーが参加しているようでネットワークでは100万取引処理を行っているという。しかしイーサリアムプラットフォームではこのようなアプリが増加し人気になる一方で、イーサリアムブロックチェーンに対して大きな負荷をかける程となってしまっている。イーサリアムネットワークが活発に活用されることでETHの認知を促進させる目的だったが、このアプリが活発になりすぎてETH全体の取引の13%を占める程となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 本当の分散型取引所は存在するのか

  2. 国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

  3. 世界最大手BlackRockが参入検討か

  4. EOS、一時停止するも5時間で問題解決

  5. 「ビットコインキャンディ」ハードフォークで誕生か!?

  6. ツイキャスで暗号通貨配布キャンペーン

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備