暗号通貨

イーサリアムネットワーク上で開発されたアプリ1000個以上!

2017年イーサリアムネットワーク上で開発された分散型アプリケーション(DApps)の数は1090個、発行されたトークン数は700種以上ということが分かった。

イーサリウムの促進を目的にしたコミュニティでは毎日平均で10万人の新規ユーザーが参加しているようでネットワークでは100万取引処理を行っているという。しかしイーサリアムプラットフォームではこのようなアプリが増加し人気になる一方で、イーサリアムブロックチェーンに対して大きな負荷をかける程となってしまっている。イーサリアムネットワークが活発に活用されることでETHの認知を促進させる目的だったが、このアプリが活発になりすぎてETH全体の取引の13%を占める程となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

  2. XRPの投げ銭、Siriで可能に[普及促進なるか]

  3. スイス証券取引所、独自仮想通貨「スイスフラン」を発行へ

  4. RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

  5. 取引所Binance、BitcoinSVの上場廃止を決定[取引所の権力…

  6. SEC「ETHは証券ではない」

PAGE TOP

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]