ニュース

暗号通貨取引中毒患者の治療開始

スコットランドの病院がイギリスで初めて、暗号通貨取引中毒患者に対して治療を開始した。これは暗号通貨に疑心的なものによるものではなく、ギャンブル中毒と同じような症状であるため、そのための治療が行われている。

専門家によると暗号通貨の取引では価格変動が大きくなっているため、ギャンブルのように取りつかれたように熱中してしまう傾向にあるという。また暴騰と暴落といった変動性、高いリスクはギャンブラーにとっては大変魅力的であり、自身からの逃避・現実逃避にはもってこいの興奮を与えてくれるものとなっているようだ。そのため、暗号通貨中毒者に対して考案された治療プログラムはギャンブル中毒治療向けのものと同じような手段が取られているという。

世界中にいる暗号通貨トレーダーの中で中毒者はどれほどいるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Zaifがタレント起用でCM開始

  2. マイニングプログラムを不正に埋め込み、有罪

  3. ライオットブロックチェーン株急落、株主総会中止で疑惑ひろがる

  4. 中国は実名取引プラットフォームを国が運営か

  5. ビットコインで支払えるアレの受付、はじまる。

  6. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ