ニュース

暗号通貨取引中毒患者の治療開始

スコットランドの病院がイギリスで初めて、暗号通貨取引中毒患者に対して治療を開始した。これは暗号通貨に疑心的なものによるものではなく、ギャンブル中毒と同じような症状であるため、そのための治療が行われている。

専門家によると暗号通貨の取引では価格変動が大きくなっているため、ギャンブルのように取りつかれたように熱中してしまう傾向にあるという。また暴騰と暴落といった変動性、高いリスクはギャンブラーにとっては大変魅力的であり、自身からの逃避・現実逃避にはもってこいの興奮を与えてくれるものとなっているようだ。そのため、暗号通貨中毒者に対して考案された治療プログラムはギャンブル中毒治療向けのものと同じような手段が取られているという。

世界中にいる暗号通貨トレーダーの中で中毒者はどれほどいるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨市場再活性化に必要なこと[振り返り]

  2. 1週間(4/1~4/6)のニュースまとめ

  3. 公務員、暗号通貨保有に対する報告義務

  4. IMF・世界銀行、共同でブロックチェーン技術の研究へ

  5. 国内キャッシュレスサービス[楽天ペイ]

  6. 韓国「取引実名制」導入で取引可能に

PAGE TOP

コラム

エントリーは【際】で入る “仏のR特別講義”

ニュース

女性に aid の購入を勧められた[懸念点を解消してから信頼を]

ニュース

フランス中央銀行、デジタル通貨実験参加者募集[CBDC]

ニュース

コミュニケーション促進にブロックチェーン[実証実験]

ニュース

Zaif,取り扱いコイン3種廃止発表[BCY,SJCX,PEPECASH]

ニュース

昨日(3/31)のニュースまとめ

コラム

相関確認がトレードを優位にさせる“仏のR特別講義”

ニュース

VALU、サービス終了[出金手続きは延長]