ニュース

暗号通貨取引中毒患者の治療開始

スコットランドの病院がイギリスで初めて、暗号通貨取引中毒患者に対して治療を開始した。これは暗号通貨に疑心的なものによるものではなく、ギャンブル中毒と同じような症状であるため、そのための治療が行われている。

専門家によると暗号通貨の取引では価格変動が大きくなっているため、ギャンブルのように取りつかれたように熱中してしまう傾向にあるという。また暴騰と暴落といった変動性、高いリスクはギャンブラーにとっては大変魅力的であり、自身からの逃避・現実逃避にはもってこいの興奮を与えてくれるものとなっているようだ。そのため、暗号通貨中毒者に対して考案された治療プログラムはギャンブル中毒治療向けのものと同じような手段が取られているという。

世界中にいる暗号通貨トレーダーの中で中毒者はどれほどいるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカのスタートアップ企業300万ドル調達に成功

  2. coincheck、トレーダー向けサービス提供

  3. 韓国取引所アップビットが韓国市場独占

  4. 本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

  5. バークレイズで暗号通貨のトレーディングデスク検討

  6. ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]