ニュース

新たな暗号通貨団体設立、認定試験も

取引の安全性を図るために一般社団法人日本仮想通貨利用者協会(JCUA)が設立された。

暗号通貨が認知されつつあり、また業界全体への規制・調査などが活発になっているが、日本では未だ投機目的の市場参加者が多くを占めている。ただネットワークとモノをつなぐIoT社会、キャッシュレス社会を目指す日本政府の動きからも銀行もこうしたデジタル通貨の研究やブロックチェーン技術への研究に取り組むなど、ブロックチェーン技術の成長は予測され、暗号通貨市場への参入者は今後も増加していくのではないかとみられる。

そうした中で日本に現存在する暗号通貨関連団体のおおくは取引所や関連企業を営む事業主を中心としたもので、暗号通貨の利用者が中心となった団体が存在しなかったことから、このJCUAは設立された。このJCUAでは取引所や業界で行っている取引の基本的な知識と規制を理解しながら、個人個人が取引の整備をすることが健全化につながっていくと考え、そのために検定や勉強会、情報交換会を開催することを予定している。

しかしこうした試験を行うと、一団体が勝手に設けた設問と条件で資格を保有する状況になるのではないだろうか。そうなると一団体の独断で作られた資格であるのに「協会認定」と箔が付き詐欺の情報提供者などが動きやすい環境になってしまうのではないかという懸念がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FSB、仮想通貨は金融システムのリスクとなり得ると警告

  2. 配当還元型の取引所トークン[注目]

  3. シンガポールは仮想通貨の規制を強化

  4. ティム・ドレイパー氏、ビットコイン企業Hedgyに120万ドルを出資

  5. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

  6. インドの取引所でBTCが消える

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨での国債発行検討[アフガニスタン・ウズベキスタン・チュニジア]

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定