ニュース

政治プラットフォーム、ネムブロックチェーン企業と提携

以前本サイトで紹介した政治議論のためのプラットフォームを開発しているスタートアップ企業、ポリポリはブロックチェーン企業、LCNENと業務提携をした。

このポリポリの開発しているプラットフォームはブロックチェーンを用いて開発されるが、今回提携したLCNENはNEMのブロックチェーンを活用したサービスを開発している企業である。ポリポリでは実装におけるセキュリティの高さからネムのブロックチェーンを採用している。そこでLCNENへ同プラットフォームを開発する際の助力を求めたということになる。

ポリポリでは炎上目的やあやふやな情報が流れることを防ぐために、トークンエコノミーを導入し、「信頼スコア」可視化することで政治に関する情報の質、議論の質を自然に高めていくことを目指している。

ポリポリ→https://coinsforest.com/p/10231/ NEM→https://coinsforest.com/p/10395/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【3億円分強奪】仮想通貨の開発者襲われ、怪しい薬物を飲まされる

  2. イランはビットコインに明るい

  3. ノルウェーのスカンディアバンクン、銀行口座と仮想通貨取引口座を一体化

  4. Bitfinexが取引を再開、BFXトークンの発行で損失を補てんへ。

  5. インド、暗号通貨友好国を調査 規制緩和か

  6. 仮想通貨ブーム鎮静化の兆しなし、米有名大が新講座開設へ

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ