取引所

Bithumb、自主規制で11ヵ国での取引禁止

世界的大手、韓国の暗号通貨取引所Bithumbは資金洗浄防止に非協力的な国での取引を禁止することを発表した。

各国でも暗号通貨、中でも匿名通貨への対応が厳しくなってきているが、Bithumbは資金洗浄行為防止に関する規定の改正に合わせて、その対策に非協力的であるとされている北朝鮮、イランなどを含む計11ヵ国での取引を5月28日から全面禁止し、それらの地域に住む人の新規登録は認めず、すでに会員登録しているものに関しては6月21日から利用停止する予定となっている。

この取り組みのほか、Bithumbは多発している詐欺の被害防止、それに対する迅速な対応を行うための対策規定などを作成し、暗号通貨市場と投資家保護の為に厳格的な規制を自主的に作成し対策をとっている。またこうした取り組みからBithumbの投資家からの評価・信頼を確固たるものにできるのではないかとみられる。また、こうした本人確認などを徹底していくことで匿名通貨などの匿名性の高い通貨でも使いやすい環境となるのではないかと考えられる。

Bithumbでは資金洗浄防止に非協力的な国と指定されている国での取引を全面禁止すると同時に、6月1日からこの11ヵ国以外の国に住んでいる人でも居住地登録をしていない利用者のサービス停止も予定されている。また韓国以外に住んでいる利用者に対しても本人確認が義務化されているなど徹底した環境となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本仮想通貨事業者協会にフォビ株式会社が参加

  2. Ripple、中国市場進出目指す

  3. 海外取引所、日本でのサービス停止

  4. コインチェックもデータ提供

  5. 保険会社も暗号通貨産業へ

  6. 世界初、XRP基軸のみの取引所

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ