技術

イスラム圏銀行も!リップルネット加入

クウェート最大の銀行クウェート・フィナンシャル・ハウス(KFH)は国際送金の速度向上とコストの削減を目指し、リップルネットへの加入を発表した。

リップルは従来の海外送金の抱える速度、コスト、複雑さなどの様々な問題を解決するために開発された技術であり、今や世界各国でその実用性が認められ各銀行で採用されつつある技術となっている。また今回KFHが加盟したリップルネットとは金融機関が行う国際送金をすべ約安価に提供するためのシステムで各国の中央銀行やJPモルガン、バークレイズといった大手銀行などが参加しているものだ。日本でもメガ銀含む60校以上が参加しているほどのものである。

またクウェートはイスラム教に準ずる国でもあり、そのイスラム圏からリップルネットの参加国が出たことで、他のイスラム圏金融機関からの参加も見込めるのではないかとも期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ベネズエラでBTCの需要高まる

  2. マイニング大手企業がブロックチェーン上の犯罪探知機開発

  3. CoinField、11月2日よりXRP基軸市場提供開始

  4. フィリピンと日本の銀行提携、ブロックチェーンによる送金

  5. Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

  6. リップルが招待する「特別な夜」

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ