ニュース

世界で暗号通貨業界健全化への動き

イギリスの金融行動監視機構(FCA)は、認可の降りていない暗号通貨関連企業24社に対し一斉調査を行った。

アメリカやカナダでは詐欺のICOの一掃運動の取り組みが行われ、市場の価格操作についての調査も行われるなど、暗号通貨関連の悪意のあるものを排除し、剣山化を図る動きが活発になっている。

今回イギリスで行われたのは暗号通貨関連業者が、FCAの真価を必要とする業務を認可を受けないままに行ってはいないかの確認をするためのもので、不適切な業務を行い消費者へ大きな被害をもたらすことを未然に防ぐためのものだとしている。暗号通貨そのものが詐欺だと批判する方も以前では多かったが、最近では暗号通貨や関連技術を悪用している、また悪用できてしまう環境にあるということを理解してくれる人も増えてきた。こういった政府の動きで業界が健全化に向かえば、これらの革新的な技術が受け入れられるときも早まるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シティグループのアナリストがビットコインに悲観

  2. 仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ

  3. SEC仮想通貨業界全調査へ

  4. CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

  5. ウクライナ政府、Bitfuryと提携、初のブロックチェーン電子政府計画…

  6. ベトナムでビットコインでの支払いを認める兆し  

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ