ニュース

世界で暗号通貨業界健全化への動き

イギリスの金融行動監視機構(FCA)は、認可の降りていない暗号通貨関連企業24社に対し一斉調査を行った。

アメリカやカナダでは詐欺のICOの一掃運動の取り組みが行われ、市場の価格操作についての調査も行われるなど、暗号通貨関連の悪意のあるものを排除し、剣山化を図る動きが活発になっている。

今回イギリスで行われたのは暗号通貨関連業者が、FCAの真価を必要とする業務を認可を受けないままに行ってはいないかの確認をするためのもので、不適切な業務を行い消費者へ大きな被害をもたらすことを未然に防ぐためのものだとしている。暗号通貨そのものが詐欺だと批判する方も以前では多かったが、最近では暗号通貨や関連技術を悪用している、また悪用できてしまう環境にあるということを理解してくれる人も増えてきた。こういった政府の動きで業界が健全化に向かえば、これらの革新的な技術が受け入れられるときも早まるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 世界で初、銀行記録処理にブロックチェーン技術

  2. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  3. 不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

  4. Apple共同設立者、暗号通貨を肯定

  5. エストニアLHV銀行、ブロックチェーン技術採用のウォレットを開発

  6. 資金洗浄の疑いがある届出、過去最多[コンプライアンス意識の向上]

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ