ニュース

51%攻撃ってそんなに深刻なの?

多発している51%攻撃に対して「大事ではない」「大変なことだ」と意見が真っ二つに割れている。この問題だが、皆さんはどう考えているだろうか。

実際、51%攻撃の被害を聞いたとき「可能なのか」と思った方も多いのではないだろうか。51%攻撃というものはあくまで理論上のもので現実的ではないと考えられていた。51%攻撃というのはそのマイニング時に使う能力、ハッシュパワーを51%も独占しないといけないもので、この値を独占することはできないだろうと考えられていた。よくマイニングする際の設備や電力の費用がばかにならないということが言われるが、通常マイニングを行う際でも多額の費用が掛かっているのに、その上51%も独占するほどの能力を投入できるはずがない、と考えられていたのだ。そのためこの51%攻撃というのはPoWの理論上の欠点に過ぎなかった。

しかし、51%攻撃は行われた。それも無名のマイナーの少ないコインではなく、MONAやBTGといったある一定の価値を持つコインでそれは起こった。つまり、あのBTCやETHでさえも51%攻撃という脅威が常に潜んでいることになるのだ。現時点でPoWでの51%攻撃対策は取引所などでの承認回数を挙げるものしかない。ETHは以前からPoSへの移行を試みており、またMONAもこの攻撃を受けてからPoSへの移行を検討している。いずれにしてもPoWでの51%攻撃に備える手段はなく、いまやPoWを採用しているすべての通貨がいつ訪れるかわからない攻撃におびえていくこととなる。少なくともPoWの承認方法の信頼性は大きく揺らいだといえる。今後PoW採用コインがどういった対応をしていくのか、ここに注目していけば将来度のコインが生き残るかの判断材料となりそうだ。

PoWとは→https://coinsforest.com/p/10145/ 

51%攻撃って?→https://coinsforest.com/p/10105/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 銀行法解釈で見る今後の銀行・取引所の未来

  2. リップル社の見る世界

  3. 短期的な値幅取りを意識したスタンス

  4. デジタル証券取引プラットフォーム新設

  5. 南アフリカの規制状況

  6. SBI Ripple Asia業者登録完了、MoneyTapのリリース…

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み