ニュース

南アフリカ警察、暗号通貨詐欺調査開始

南アフリカ警察では約3万人に総額約90億円以上もの損失をもたらしたと見えるBTC Global,Bitcaw Trading Companyの暗号通貨詐欺の調査を開始した。

BTC Global代理店では1日2~14%の利子、月50%の利子での投資を推奨し、一部の利用者に対しては支払いが行われていたが、突然支払いが停止し詐欺の対象になった。この件に関してBitcaw Trading Companyは関与しているのではないかという疑いが欠けられているが、創設者は否定している。またBTC Globalの公式サイトは支払いが停止してから、サービスも停止し、連絡先などの詳細は記されていない。さらに管理チームの誰もがある一人の人物と連絡が取れなくなっていることから、この人物による犯行だとみられる。

つまり現在関与の疑いで名を挙げているBitcaw Trading Companyはもちろん、詐欺の疑いをかけられているBTC Globalもこの詐欺に巻き込まれた悲哀者である可能性もあるということだ。額の大きさもそうだが、今後の暗号通貨業界の印象のためにも早急に解決されてほしい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

  2. 世界で初、銀行記録処理にブロックチェーン技術

  3. BCHの影響大きく、市場全体下落[国内取引所も対応変更]

  4. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

  5. ブロックチェーンとAIで医療ミスが解決される

  6. 富士通がIOTA採用??

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]