ニュース

南アフリカ警察、暗号通貨詐欺調査開始

南アフリカ警察では約3万人に総額約90億円以上もの損失をもたらしたと見えるBTC Global,Bitcaw Trading Companyの暗号通貨詐欺の調査を開始した。

BTC Global代理店では1日2~14%の利子、月50%の利子での投資を推奨し、一部の利用者に対しては支払いが行われていたが、突然支払いが停止し詐欺の対象になった。この件に関してBitcaw Trading Companyは関与しているのではないかという疑いが欠けられているが、創設者は否定している。またBTC Globalの公式サイトは支払いが停止してから、サービスも停止し、連絡先などの詳細は記されていない。さらに管理チームの誰もがある一人の人物と連絡が取れなくなっていることから、この人物による犯行だとみられる。

つまり現在関与の疑いで名を挙げているBitcaw Trading Companyはもちろん、詐欺の疑いをかけられているBTC Globalもこの詐欺に巻き込まれた悲哀者である可能性もあるということだ。額の大きさもそうだが、今後の暗号通貨業界の印象のためにも早急に解決されてほしい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. メイウェザーもICOに参加?

  2. ネパール大地震の救済にビットコインコミュニティが参加

  3. インドでCBDCの発行検討を正式発表

  4. Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

  5. テックビューロ、仮想通貨取引向け統合データフィードに協力

  6. Apple、iPhone等でのマイニング禁止

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入