ニュース

市場の価格操作についての調査

アメリカの司法省はBTCなどの暗号通貨市場の価格操作について捜査を開始した。

この捜査はいわゆる見せ玉、偽の注文を大量に入れることで自分の考える動きに投資家を誘導し、その後取り消すような行為についてのもので、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)が協力して行っている。そうした不正行為は先物市場や株式市場でも行われていたものだが、この暗号通貨市場で行われる原因の一つはまだ取引の監視機能が存在しないこととされている。こうした不正行為は多くの投資家だけでなく暗号通貨業界にとっても大きな損害をもたらす。機関が入ることで、こうした不正行為が減り市場の健全化へ動き出すことは好ましい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

  2. 暗号通貨取引所ビットステーション、廃業

  3. 今後のコインチェックの選択肢はいかに

  4. 仮想通貨を資本の一部に組み込んだ共同出資会社が誕生

  5. 注目集まるDOGE

  6. 日本国内の登録済み取引所まとめ[営業中]

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ