ニュース

中国、スタートアップ企業に補助金提供

中国杭州市にあるブロックチェーン工業団地はスタートアップ企業に対し、数百万ドル規模の補助金を提供することを発表した。

中国では暗号通貨に関して厳しい規制が行われている状況で、今後もその規制は続くとみられている。しかしブロックチェーン技術に対する取り組み、環境づくりは国を挙げて積極的に行われている。このブロックチェーン工業団地開設の際の16億ドルものブロックチェーン技術革新ファンドでは政府がその30%を出している。また国際ブロックチェーン投資開発センター設立の計画や研究所の設立も行われ、最近ではブロックチェーンプロジェクトの格付けも政府が定期的に行っていくことが決まった。またこのブロックチェーン開発を促すために、ブロックチェーン専門家に対して最大49万ドルの手当てと博士号などの維持の助成金が提供さている。

今回のスタートアップ企業に対する手当も政府の同技術に対する促進政策を受けてのものだ。この補助金では維持費やプロジェクト単位での財政的支援、研究開発手当など様々な補助がなされ、その研究段階によっては家賃手当なども付く。こうした熱い国の援助があることは研究を円滑に進めるためのいい環境といえるだろう。また専門家に対する手当もあることから外国からの人材を集める、国内での育成強化を図ることも可能にしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(7/6)のニュースまとめ

  2. スウェーデンでビットコイン投資が本格化

  3. バークシャー傘下の鉄道会社、ブロックチェーン技術適用に注目

  4. 【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とす…

  5. イーサリアムがビットコインに肉薄、将来的には逆転も。

  6. 金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ