暗号通貨

ハッカーにより約2500ETH盗まれる

暗号通貨取引アプリを運営するTaylor社が1.6億円相当のETHを盗まれたことをブログで明らかにした。

このTaylorではICOで資金調達を行い運営していた。しかしハッキングにより約2,500ETHと同社が発行するTAYトークンが盗まれてしまった。これは同社がアクセスできる(ファウンダーやアドバイザーのプール以外の)すべての資金であり、またこのハッキングにより攻撃者がTAYトークンの全体の配給量の7%も保有していることから、これまでのブランドを再構築することを検討している。しかし、再構築しようにも資金が限られているために今後、援助を求めながらプロジェクトを続行するか、中止するかの決断に迫られている。

今のところ同社は再起のための援助を呼び掛けている。また、奪われたTAYトークンが全体供給量の7%も占めることから、同社は新トークンを発行し今までのトークンとの交換を行う対策を考えている。またこの交換だが、Taylor社は盗まれたトークンの位置を把握しているため、ハッカーの手に新トークンは渡らないとしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シンガポールでBTC紙幣の試販売

  2. 暗号通貨のこれから

  3. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

  4. 「投げ銭」がコインの命運分ける

  5. NEM専門情報サイト、NEM MAP

  6. バイナンス、不正取引は無効に

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す