ニュース

ハッカーからBTCを押収!

イギリスのロンドン警視庁はハッカーから約7300万円相当のBTCを押収することに成功した。

このハッカーはサイバー攻撃で不正に得た数万人の銀行口座やクレジットカード情報を盗み、それらの情報を闇市で売り払いその利益をBTCに替え、資金洗浄をしていたという。このハッカーは犯罪組織ネットワークのリーダであり、利益を複数の口座に分散しBTCで資金をためていた。またこのハッカーの自宅からは約8000万人のパスワード、6.3万人のカード情報が記録されたメモリーカードが発見された。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 香港に拠点を持つBitfinexが詐欺に関与している疑いが浮上

  2. 「ビットコインキャンディ」ハードフォークで誕生か!?

  3. ユニセフ、PCゲーマーにマイニングによる寄付を要請

  4. 取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

  5. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

  6. 規制環境整備後の課題は人材育成か

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ