暗号通貨

根強い人気の暗号通貨、NEM

NemcafeやNEMDAY!といったイベントが行われたり、NEM決済専門店が国内で立つほどの人気を誇るNEM。今回はそのNEMを紹介する。

NEMは新しい経済圏を作ることを目的(New Economy Movement)として、開発されたプラットフォームとなっている。そしてそのプラットフォーム内で発行されて通貨、基軸通貨がXEMとなる。金銭の分散化、自由化、平等化など新しい経済圏を作ろうとする目標のために作られたものである。XEMについては発行上限である8,999,999,999XEMがすでに発行されているため他の通貨のようにマイニングによる承認方法、PoWではなく、PoIというNEMネットワークを積極的に使うなど貢献している人が報酬を得られる仕組みとなっている。つまりNEMネットワークに貢献していれば誰でも報酬を得る機会がもたらされる、平等な仕組みとなっている。

取引承認をしたことで報酬としてコインを得ることマイニングと呼ぶが、NEMではこのマイニングのことをハーベスティングと呼ぶ。NEM利用者は取引承認をしてもらう際に手数料を支払い、取引を行う。この手数料はNEMのネットワークに参加している人に分配される仕組みでマイニングのように高性能なコンピュータを所有していなくても、報酬を得る機会が与えられているのだ。

またNEMはセキュリティ性が特に優れている。コインチェックでの事件以来、NEMを危険視する方も一定数いるが、あの事件はNEMのセキュリティ性の問題ではなく、コインチェックでのセキュリティの問題だ。(このコインチェックへの攻撃も非常に手の込んだもので、単純なセキュリティ問題ではないことがわかっている。)NEMは違法なアクセスが行われないようにEigenTrust⁺⁺というアルゴリズムを採用しており、これによりノードが今までどういった行動をしていたかを監視し、審査するため悪意を持ったものが簡単に報酬を受け取れないような仕組みとなっている。

PoIという承認方法であることや報酬の受け取れる条件など、誰にでも平等に機会が与えられているため資産が特定の誰かに偏ることを防ぎ、分散される状況が保たれている。また、セキュリティにおいても優れているため信用のおける通貨なのである。熱狂的なファンが多くいて、イベントも頻繁に開かれるのも当然の魅力を持つ通貨だ。

コインチェック事件→https://coinsforest.com/p/10011/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SWIFT主催のカンファレンスにRipple社参加

  2. BTC既に8割採掘済み

  3. Ripple社に追い風!強力な取締役も!

  4. ライトコイン(LTC)とは

  5. Coinsquare、ついにXRP上場

  6. XRP価格急騰、機能できなかった取引所の今後

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入