暗号通貨

国連とIOTAが提携

国連はブロックチェーン技術がどのような働きをもたらすのかを研究するために、ブロックチェーンプラットフォーム、IOTAと提携した。

ブロックチェーン技術は金融業界での国際送金の問題解決としてよく聞かれるが、他にも医療業界での患者の個人情報管理や電子処方箋としての活用、食品や物流での産地証明や追跡など多くの問題を解決している。また世界の難民に対して行われる食糧の配布もこのブロックチェーン技術で平等に行えるようになり、昨年の11月には人身売買を解決するためにデジタル身分証明システムの制作が行われてもいる。こうしたブロックチェーン技術の活躍から、より効率的に何がなせるのかを探るための提携が国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)とIOTAの間で結ばれた

ブロックチェーン技術を利用することで各国から集められた支援金がどのような使われ方をしているのかの資金に関する透明性や支援を行う際の仲介者を省くことで非効率な点を改善することが可能だと考えられる。

IOTAとは→https://coinsforest.com/p/9980/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本・ブラジル間の送金にRipple社の技術[三菱UFJ銀行が覚書]

  2. XRP、さらに利用しやすく

  3. アメリカ、仮想通貨と証券の分別

  4. 中国、暗号通貨規制の効果

  5. ビットコイン2018年は50以上のハードフォークか

  6. SEC,ETF申請拒否するも「投資として価値がないわけでない」

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]