ニュース

「規制が緩和されれば暗号通貨に流れる」

アメリカの格付け会社、ワイスレーティングスは「アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が2008年以降の金融規制を緩和させれば、従来の金融から暗号通貨へ移行するのではないか」と規制緩和による可能性を述べた。

同社によると銀行は所有権が中央集権化している投機的な資産を自由に売買する権利を求め運動を起こしているという。銀行でそういったことを提供するのは大きなリスクが伴うという。銀行は長い歴史を持っていることから信用されることも多いが、長い歴史を持つが故の不祥事や怠慢による銀行システム上の過失は多く存在する。そのため銀行に対する不信感が高まっている国も多い。銀行が銀行として機能していないことや不祥事が起き、信用を失っていることから、FRBの厳しい規制さえなければ人々は銀行に見切りをつけて、暗号通貨に流れるのではないかと考えられている。

暗号通貨の価格変動による損失も十分に考えられるが、銀行のように人為的に起きる不祥事による損失よりは赦せると感じる人も多いのではないだろうか。暗号通貨や関連技術、投資家を守るための法規制とされているが、その実昔からある銀行、という体制を保護するためでもあるのかもしれない。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. XRPがAmazon・スタバなどで決済手段として利用可能に

  2. リップル界隈の盛り上がり

  3. 陰転シグナルの発生を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

  4. タイ中銀、国内銀行と協力してデジタル通貨開発

  5. 英国Barclays、ビットコインでの寄付受付を開始

  6. 昨日(4/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]