暗号通貨

道の駅でNEMとMONAの決済イベント!

岐阜県東白川村にある道の駅「茶の里東白川」にて6月17日(日)にネムとモナコイン決済可能イベントが開催される。

本イベントはつちのコイン・マルシェという名称で、お茶で出来た無添加ハムや土のこの村として知られる東白川村らしい催し物が出されるようだ。様々な催し物が出される中のひとつとしてネムとモナコイン決済での買い物体験ができる場を設け、暗号通貨初心者向けの口座も行われる。

この道の駅「茶の里東白川」を運営している新世紀工房は4月に名古屋で行われたNEMイベント、NEMDAY!や5月に福岡で開催されたnemcafeにも参加している。暗号通貨、中でもNEMのイベントには積極的に参加している会社である。興味のある方はで参加してみてはいかがだろうか。

茶の里東白川→http://chanosato.gifu.jp/ モナコイン→https://coinsforest.com/p/9612/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Coinsquare、ついにXRP上場

  2. GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]

  3. 本日、G20とIMF・世銀の年次総会が同時開催[IMFの暗号通貨への見…

  4. BCHの影響大きく、市場全体下落[国内取引所も対応変更]

  5. 空港30店舗でNEM決済開始[オーストラリア]

  6. 携帯業界に大きな影響を及ぼすブロックチェーンスマホ

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]