ニュース

51%攻撃の危険性からか?PoWの通貨取扱停止

韓国の大手暗号通貨取引所、Korbitは匿名通貨のMonero,Zcash,Dash、さらに匿名通貨ではないAugur,Steemの取り扱いを停止した。

この取り扱い停止理由は明らかとなっていないが、日本のコインチェックと同様の動きであることから資金洗浄や脱税などの犯罪利用を恐れての動きとも考えられる。ただ、コインチェックでの取扱廃止は、金融庁が新たに設けた審査基準として匿名通貨の取り扱いを原則禁じ、それに合われた形であるが、韓国でそういった動きは見られない。また、他の韓国取引所でSteemの上場が発表されているために、韓国水面下での規制が行われているとも考えにくい。

規制でもなく、人気のある暗号通貨の取り扱いを止めることは、なにか大きな理由があるに違いない。ここはあくまで筆者の個人的な予想だが、この取扱停止は最近多発している51%攻撃を恐れての処置ではないかとみられる。実際にこれらの取り扱い停止になった通貨のうちPoWを採用しているのはAugur以外の通貨4種となっている。PoWを採用している限り51%攻撃の危険性は常に存在し、承認回数を挙げることでしか対策できないという問題点もある。51%攻撃が行われた際の顧客への対応などを考えるとPoWを採用している通貨の取引を一時的に停止するという対策が取られてもおかしくはない。しかし、そうなるとAugurはなぜ取引を停止したのだろうか。Augurが未来予想というギャンブルの側面を持つことから、停止されたとも考えられるが、確かなことは何も明らかになっていない。

Monero→https://coinsforest.com/p/9588/ Dash→https://coinsforest.com/p/9606/ コインチェック匿名通貨廃止→https://coinsforest.com/p/10134/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. EOS、ICO史上最高額の調達に成功

  2. Mozillaの前CEOが立ち上げたBrave、ICOにて3500万ド…

  3. LINE、独自ブロックチェーン構築でサービス向上

  4. 富士通、ブロックチェーン技術でポイント管理

  5. サンタンデール銀行の送金アプリ

  6. どっちつかずの対応で人材を手放すのか[ポーランド]

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ