取引所

XRPの台帳上で直接取引が可能な取引所!

デジタル通貨・金融プラットフォームを提供しているUphold社は今月24日からXRP台帳への統合接続が完了したことを発表した。

これにより利用者は同社提供のアプリを利用することで、すでに実装済みだったXRPの直接売買だけでなく、XRPウォレットに直接出入金、送金することが可能となる。同社は顧客の「XRPを取り扱ってほしい」という強い要望に応え、XRPの取り扱いを開始、初期には500万XRPの購入分手数料無料キャンペーンを行っていた。今回のXRP台帳への統合接続はキャンペーンの第2弾となる。XRPを直接売買、送金できるのは同社のみであるため、この発表は他の取引所と比較しても残る強みとなるのではないだろうか。

同社は23種もの法定通貨と主要な暗号通貨8種の取引、または貴金属などの購入、交換、保管も手掛け、世界184ヵ国での取引を行っている。こうした法定通貨や貴金属、暗号通貨などの価値が自由に取引できる取引所が今後増えれば、これまでにあった通貨の違いによる不便さも解消されていくのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. MUFG、Chainalysis, Inc.へ出資[暗号通貨領域のコン…

  2. QUOINE視線は世界へ

  3. bitFlyer、業務停止命令の噂否定

  4. オウケイウェイヴ、資本・業務提携したLastRootsを持分法適用関連…

  5. SBI、暗号通貨業界への意欲

  6. 金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える…

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]