基礎知識

そもそも仮想通貨って?名称の違いとは?【初心者向け】

そもそも暗号通貨とは何か、電子マネーとは何が違うのか、また仮想通貨や暗号通貨、暗号資産と名称が複数あるが、違いはあるのか。そういった直接的な技術の話ではない、呼称などの紹介をする。

そもそも暗号通貨という呼び方だが、これは仮想通貨、暗号資産と同じものをさしている。よく耳にするビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)などがこれに該当する。そしてこれらはデジタル通貨の一種である。デジタル通貨といえばSuicaやPASMO、WAONなどを思い浮かべるが、これらはデジタル通貨の中の電子マネーというものに該当する。これはあくまで「円」を利用しており、暗号通貨のように価値の変動が起こらないため、デジタル通貨ではあるが暗号通貨ではない。よく、電子マネーと暗号通貨を混合してしまう方も見られるが、電子マネーは決められた額をチャージし、その入金した金額分の価値しか持たない。円をカードで使用しているに過ぎない。

また、暗号通貨、仮想通貨、暗号資産と呼称が変わることを疑問に思う方もいるかもしれない。これはこれらのコインに対してどういった認識を持っているかによって呼び方は変わるように思われる。まず暗号通貨資産は、これらのコインを「通貨」としてみていない。通貨とは価値の保存が第一の条件とされているが、これらBTCやETHの価格変動を見てわかるように価値は一定ではなく、価値の保存としての機能は存在しない。そのためこれらのコインは通貨ではなく金や宝石のような「資産」として考えるために暗号資産、とされている。また仮想通貨は特定の仮想コミュニティ内での使用されるコインという意味で使用されることもある。しかし多くは海外で広く使われていたCryptocurrency(暗号通貨)をメディアがわかりやすいように使い始めた呼称が仮想通貨だと考えらる。暗号通貨と呼ぶのはそもそもこれらのコインが暗号技術を用いたもので干渉されないプライバシーの保護、取引の安全性などを生み出しているものだとして使われている呼称であるように思われる。どの呼び方でも間違いではないが、日本では聞き馴染みのある仮想通貨が一番よく使われる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号資産保持者を狙った新たな詐欺

  2. いまさら聞けない51%攻撃とは?

  3. 暗号通貨取引所の口座開設するにあたって

  4. ICOの成功とは

  5. ETFとは?暗号通貨市場のこれから

  6. ステーブルコインとは

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ