ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ロシア最大の銀行が今年の夏にICOの実証実験を行う。ロシアは暗号通貨に対して厳しい姿勢から一転して、暗号通貨の定義や暗号通貨に関連する技術などを設けている。ロシアでは国際制裁を回避する手段として、政府が発行する独自の暗号通貨を開発する考えを持っており、同じくアメリカからの制裁が行われるとされているイランと協力関係にある。

今回ICOを行う予定の投資銀行、スベルバンクCIBとロシア証券保管振替機関(NRD)は今年の夏にICOを行う予定で、現在その計画を同国中央銀行と協議しているようだ。このICOの実証実験を行うことでデジタルトークンやブロックチェーンを採用する際の法的側面や問題点が明らかになることに期待がされている。またこのICOで得た資金はモスクワ最大の商業用講堂運営を行っているレベル・ワン社の新たなトークンサービスに利用するとされている。

制裁回避の為に研究や人材の確保などを行っていたロシアだが、中央銀行と協力して銀行がICOを行うとなるといよいよ実施のための確認段階に入ってきているのかと思われる。ロシアは19年中に政府独自開発の暗号通貨を発行するとしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインが大幅下落、一時2000ドル付近も記録。

  2. 新認証システム

  3. IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

  4. 【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

  5. Poloniexが破産の疑い?

  6. マイニング工場、騒音被害で閉鎖か

PAGE TOP

ニュース

昨日(6/17)のニュースまとめ

ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

ニュース

コインチェック事件、ロシア系ハッカー関与の可能性浮上[SumoLogic採用で監…

ニュース

1週間(6/10~6/17)のニュースまとめ

ニュース

Facebookの独自通貨プロジェクトへの参入[VISA/MasterCard]…

ニュース

昨日(6/15)のニュースまとめ

ニュース

取引所Bittrex、取引停止対象の追加[合計74種の取引停止]

ニュース

Binance、アメリカ居住者へのサービス制限[変化する取引所]