ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ロシア最大の銀行が今年の夏にICOの実証実験を行う。ロシアは暗号通貨に対して厳しい姿勢から一転して、暗号通貨の定義や暗号通貨に関連する技術などを設けている。ロシアでは国際制裁を回避する手段として、政府が発行する独自の暗号通貨を開発する考えを持っており、同じくアメリカからの制裁が行われるとされているイランと協力関係にある。

今回ICOを行う予定の投資銀行、スベルバンクCIBとロシア証券保管振替機関(NRD)は今年の夏にICOを行う予定で、現在その計画を同国中央銀行と協議しているようだ。このICOの実証実験を行うことでデジタルトークンやブロックチェーンを採用する際の法的側面や問題点が明らかになることに期待がされている。またこのICOで得た資金はモスクワ最大の商業用講堂運営を行っているレベル・ワン社の新たなトークンサービスに利用するとされている。

制裁回避の為に研究や人材の確保などを行っていたロシアだが、中央銀行と協力して銀行がICOを行うとなるといよいよ実施のための確認段階に入ってきているのかと思われる。ロシアは19年中に政府独自開発の暗号通貨を発行するとしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アジア最大のアートショーで仮想通貨決済導入

  2. 落合陽一氏がビットコインでクラウドファンディング

  3. ブロックチェーンでホームレス・難民などの問題を解決へ

  4. 中国格付けで1位となったETHって?

  5. 暗号通貨の不正取引、取り締まり強化[日本]

  6. 中銀の仮想通貨はGDPを押し上げる可能性、イングランド銀行が発表

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響