取引所

Huobi.pro、海外事業展開に積極的

暗号通貨取引所Huobi.proは自社の取引所プラットフォームにマーケット指標の機能を新たに導入した。

取引量が世界で第3位と大手の取引所であるHuobi.proは同取引所で流動性が機能していて規模も大きい人気の暗号通貨上位10種をリアルタイムで追跡し、そのコインのプラットフォームやアプリケーション、コイン等様々な属性に応じて4つのタイプに分類され、トレードをより快適にする。このHUOBI10は23日から開始されている。シンガポールに本社を構える同社は現在、海外展開に積極的に取り組んでおり、最近では韓国に子会社をロンドンにオフィスを構える計画を明らかにしている。また、世界大手取引所OKExの元CEOが同社の国際ビジネス開発部長として参画したことからも、今後同社の海外事業に対する取り組みは活発になっていくことが予想される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Zaifは先物取引を終了へ

  2. 【番外編】 コインの森・管理人の『BITPOINTで使えるMT4ってな…

  3. 日本国内の登録済み取引所まとめ[営業中]

  4. 金融庁認可済みの取引所買収に海外注目

  5. コインチェック問題の記事まとめ

  6. 取引所でハッキング被害[韓国]

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ