ニュース

Coinbase、ERC-20トークンの扱い可能に

Coinbaseがプラットフォーム、Paradexを買収した。これによりCoinbaseではERC-20トークンの取り扱いが仮想となった。またこのERC-20トークンの取り扱いが可能になったことでCoinbaseが運営する取引所での取り扱い通貨の数を大幅に増やすことが可能となった。

このCoinbaseが買収したParadexはお互いに直接暗号通貨取引することが可能なプラットフォームでP2Pの分散型取引所だ。Coinbaseは取引所だけでなく、決済手段を提供やウォレットアプリの提供も行っているため、この買収でERC-20トークンの取り扱いが可能になったことは同社に大きな利益をもたらすことが予想される。

最近は大手参入の動きから、それに対抗するためか既存の取引所が買収されたり、資金調達先確保のために買収されたりと業界の動きが激しくなってきている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ベトナムでオンライン取引に暗号通貨禁止

  2. 昨日(1/31)のニュースまとめ

  3. スペインの銀行が他国間ブロックチェーンでの取引に成功

  4. bitbank、セキュリティ強化のため、古いOS・ブラウザサポート終了…

  5. 日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

  6. ジュピタープロジェクト、提訴

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]