ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

暗号通貨の保有が新規職員採用決定に影響を及ぼす可能性がある。

これはアメリカ国防総省の職員採用での場合で、現時点で暗号通貨を保有していることは秘密取扱適格性確認において、見逃せない問題となるのではないかと危惧している。もちろん、暗号通貨の保有がすべての犯罪に繋がっているわけではないが、政府関係の職に就職しようとしているものが、反政府の非中央集権型である暗号通貨を持つことや、まだ暗号通貨への法規制が整備されておらず、政府がどう扱うのかもわかっていない状態であるためにリスク回避として採用を見送る可能性も浮上しているようだ。

厳密にいえばまだ、暗号通貨の保有に対してのガイダンスは作成しておらず、証券取引委員会や財務省などの機関がどう扱うのかを決定してから対応に当たるとのことだ。ただこの国防総省に勤めるにあたって、暗号通貨保有がリスクだとするかそうでないとするかでは専門家の意見も割れている。ただこうした動きは世界で珍しいものではない。韓国では公務員が暗号通貨を所有することを禁じている。また汚職や賄賂などを危惧し禁止している国も他にもあるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  2. ビットコインが高騰、9万円台へ

  3. デジタル経済の発展目指すウズベキスタン、暗号通貨先進国となるか

  4. SBIがJCBなどと提携

  5. ライセンスだけで75億円の徴収目指す

  6. 昨日(11/11)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ