事件

身代金にBTCを要求した事件、無事解決

南アフリカの犯罪組織が13歳の少年を誘拐し、解放条件として15BTC(1200万円)の身代金を要求したこの事件は、警察により少年が無事保護されたことで解決した。

息子を誘拐された家族は15BTCがいくらなのか、そもそもBTCがなにかもわからず憔悴した状態であったが、この事件が解決するためにどのような手段がとられたのか、またBTCを支払ったのかということについては公表されていない。暗号通貨を身代金として要求するのはウクライナでも昨年起きていた。人質に取られたのは暗号通貨取引所EXMOを運営する取締役で、BTCでの1億円相当の身代金が要求されていた。同事件では要求通りに支払いを行い、解放されている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. AsicBoostの脆弱性を利用した不正マイニングが発覚

  2. ビットコイン弱含む、国内大手仮想通貨取引所でハッキング被害との噂

  3. インドの取引所でBTCが消える

  4. 規制がないために犯罪組織が活発化[リトアニア]

  5. クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

  6. 「密告で儲ける!?」米SECが仕手グループに警告

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場