ニュース

ビットトレード、シンガポール企業により買収

金融庁の認可を受けている日本の暗号通貨交換業者のひとつ、ビットトレード社の経営権をシンガポール企業が取得した。

暗号通貨に関する事業を行う上でのリスクに備え、資本確保の為に資金力の豊富なFXTF ASSET INVESTMENTS PRIVATE LIMITEDが株式の75%を取得することとなった。同社代表のチェン・リェ・メン・エリック氏はこの株式取得後、ビットトレードへ出資を行い新体制となる。しかし、新体制になっても現在提供しているサービスは継続し、経営陣もそのまま残るため、ビットトレードが今まで行ってきた枠組みは変わらないという。この経営権の移動はあくまで暗号通貨事業を継続するにあたっての資本リスクに備えるもので、大きく何かが変わるわけではないとしている。

しかし、コインチェックのように登録前で買収された形ならともかく、日本の金融庁の認可を受けた取引所が海外企業に買収された場合、その認可に対して何らかの影響を及ぼすのだろうか。ただ、今回の買収は経営陣もそのまま、提供サービスもそのままと、あくまで資金調達先を確保するためのものとしているために、大きな影響はないように思われるが、この動きを金融庁はどう見ているのだろうか。

関連記事

  1. オーストラリアの銀行が債権をブロックチェーンで発行

  2. 金融庁第5回会合、自主規制はこのまま施行されるのか[海外の規制評価]

  3. 昨日(8/19)のニュースまとめ

  4. 本人確認に動く暗号通貨業界

  5. 急成長する仮想通貨「DASH」について

  6. ウクライナの情報サイトが家宅捜索か

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み