ニュース

ビットトレード、シンガポール企業により買収

金融庁の認可を受けている日本の暗号通貨交換業者のひとつ、ビットトレード社の経営権をシンガポール企業が取得した。

暗号通貨に関する事業を行う上でのリスクに備え、資本確保の為に資金力の豊富なFXTF ASSET INVESTMENTS PRIVATE LIMITEDが株式の75%を取得することとなった。同社代表のチェン・リェ・メン・エリック氏はこの株式取得後、ビットトレードへ出資を行い新体制となる。しかし、新体制になっても現在提供しているサービスは継続し、経営陣もそのまま残るため、ビットトレードが今まで行ってきた枠組みは変わらないという。この経営権の移動はあくまで暗号通貨事業を継続するにあたっての資本リスクに備えるもので、大きく何かが変わるわけではないとしている。

しかし、コインチェックのように登録前で買収された形ならともかく、日本の金融庁の認可を受けた取引所が海外企業に買収された場合、その認可に対して何らかの影響を及ぼすのだろうか。ただ、今回の買収は経営陣もそのまま、ていきょうさーびすもそのままと、あくまで資金調達先を確保するためのものとしているために、大きな影響はないように思われるが、この動きを金融庁はどう見ているのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本の暗号通貨関連団体[一覧]

  2. 取引事業者、自動売買を排除

  3. xRapid(エックスラピッド)とは?

  4. GMO、ASIC搭載マイニング機器を販売

  5. RippleゲートウェイのMr.Ripple、ADAコイン取扱開始

  6. ロックバンドQUEENのアルゼンチンでのコンサートチケットがビットコイ…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備