ニュース

BTGにも51%攻撃

モナコインへのセルフィッシュマイニング攻撃に相次ぎ、ビットコインゴールド(BTG)も51%攻撃を受けていた可能性をTwitterの公式アカウントで公表し、その危険性から承認回数を増やすといった対処を執ったほうがいいと注意喚起を行った。

この51%攻撃はPoWを採用している限り逃れられない問題となっている。PoWのままでの51%攻撃への対策は承認回数を増やすことしかないようだ。PoWは仕事による承認であるためにハッシュレート(採掘速度)を高く保つことが、セキュリティ性を高めていくこととなり、採掘速度が速いということはそれだけマイナーが集まっているため価値が高くなっている。しかしコインの価値や人気が下がり、マイナーが撤退することで採掘速度が低下すれば、そのマイニングの過半数を独占し自分に都合のいいように操作する、51%攻撃もしやすくなってしまう危険性がある。

ブロックチェーンのセキュリティ性能は優秀で、51%攻撃はありえないと考えていた多くの人にとってXVG(バージコイン)、BTG(ビットコインゴールド)への51%攻撃は非常に衝撃的で、危機感を覚えたのではないだろうか。ブロックごとの難易度調整など送金速度を保つためと、利用する上では非常に利便性の高いものとなっていたが、こうした問題から振り返ってみると、セキュリティ性が阻害されていることがわかる。しかし、こうしたコインへの攻撃はPoWだけでなく他の承認方法でも起こるようになるのではないだろうか。ただ、その時にコインの批判し騒ぐだけではなく、どう改善していくのかを考えていくことがこれからの暗号通貨の発展のために重要なこととなるのではないだろうか。

 

関連記事

  1. JPモルガン、資産のトークン化計画か

  2. 国内大手企業、ブロックチェーン開発PJに参画

  3. 暗号通貨に対する国内法の解説演説

  4. 米商品先物取引委員会がUSDT発行のテザー社を呼出す

  5. ビットコインではなく、ブロックチェーンがバブル?

  6. チリ、エネルギー管理にブロックチェーン

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ