ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

モナコインへの51%攻撃から、ビットコインゴールド(BTG)も51%攻撃を受けていた可能性をTwitterの公式アカウントで公表し、その危険性から承認回数を増やすといった対処を執ったほうがいいと注意喚起を行った。

この51%攻撃はPoWを採用している限り逃れられない問題となっている。PoWのままでの51%攻撃への対策は承認回数を増やすことしかないようだ。PoWは仕事による承認であるためにハッシュレート(採掘速度)を高く保つことが、セキュリティ性を高めていくこととなり、採掘速度が速いということはそれだけマイナーが集まっているため価値が高くなっている。コインの価値や人気が下がり、マイナーが撤退することで採掘速度が低下すれば、51%攻撃をしやすくなってしまう。

ブロックチェーンのセキュリティ性能は優秀で、51%攻撃はありえないと考えていた多くの人にとってMONA、XVG、BTGへの51%攻撃は非常に衝撃的で、危機感を覚えたのではないだろうか。ブロックごとの難易度調整など送金速度を保つためと、利用する上では非常に利便性の高いものとなっていたが、こうした問題から振り返ってみると、セキュリティ性が阻害されていることがわかる。しかし、これはPoWだけでなく他の承認方法でも51%攻撃に限らず新たな問題が浮上してくるのだろう。ただ、その時に問題視してどう改善していくのかを考えていくことがこれからの暗号通貨の発展のために重要なこととなる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 揺れる、インドの規制

  2. リップル550億ものロックアップが完了

  3. Bitcoin取引所Kraken、カナダでサービス開始

  4. 仏メガバンク、ビットコイン技術者を募集中

  5. ビットコインが過去最高値を更新

  6. 米国内で映画鑑賞がビットコインで可能に

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲