ニュース

イーサリアムブロックチェーンにゲームが負荷をかけている?

イーサリアムのプラットフォーム上で様々なアプリが開発されているのはご存じだろうか。中でも本サイトでも一度紹介したクリプトキティーズ(cryptpkitties)は利用者がETHで購入したアイテムを使用して猫を育成し、それを他の利用者と交換したりして遊ぶもので非常に人気のゲームとなっており、ETH全体の取引のうち、こういったETHを利用したゲーム取引が13%も占めている。

初期段階ではこうしたゲームが作られることでETHを認知する人が増え、取引量や価格上昇を促進させるPR的な役割を担ったものとなっていたが、これらのゲームが人気になるにつれゲームによる取引量が増大、ランキングで1位になるゲームだと24時間で30ETH以上もの取引が行われる程となっており、ゲーム内での取引がイーサリアムブロックチェーンに対して大きな負荷をかける程となっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中銀のデジタル通貨導入で費用削減[イタリア]

  2. 半導体、マイニング需要の影響

  3. Binance、ウォレットサービス

  4. Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

  5. カナダの仮想通貨取引所、薬物利用に関与したウォレットのブラックリスト作…

  6. 取引所でハッキング被害[韓国]

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]