ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」

スペインの中央銀行、スペイン銀行総裁は「ブロックチェーンの可能性はわかるが、暗号通貨に対しては現時点でリスクに対してリターンが少ない」と暗号通貨に対して懸念を抱いているようだ。

先日日本で行われた金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」でも国内通貨が安定していない国での暗号通貨の与える利益は大きいが、国内通貨が安定し銀行への信頼性も高い国では大きなメリットは見られない、と同じような意見が出ていた。

同総裁はキャッシュレス社会への動き、世界の動向からこのブロックチェーン技術の発展を促進する必要があると述べ、またそうするための規制が必要だとした。ただ、キャッシュレス社会、つまりデジタル経済に移行する際にはサーバー攻撃やセキュリティ対策、顧客情報の保護など、今以上に高いレベルでの対策が必要だとし、そのための技術を開発することが必要だとした。

暗号通貨取引所でもセキュリティ対策などよく話題に上がるが、ブロックチェーン技術はまだ発展途中であり、それを活用した様々な技術に対してもまだ開発が進んでいない。その技術の発展を偏見や規制で妨げないためにも、それを支える技術の開発が急がれる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. バミューダ政府がブロックチェーンのチームを編成

  2. 中国の取引所「BTCC」が閉鎖

  3. 昨日(7/17)のニュースまとめ

  4. 昨日(8/22)のニュースまとめ

  5. アラブ首長国連邦もブロックチェーン技術戦略発表

  6. Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響