暗号通貨

XRPの新シンボル投票期間、せまる!

青いマークで知られているXRPだが、正確にはリップル社のシンボルであり、リップル社とXRPは分けて考えるべきだという考えから、今回新たにXRPのためのシンボルを作ろうという動きがある。これはXRPコミュニティから始まったものではあるが、リップル社も乗り気で、デザイン案を発表していることからより盛り上がっている。

このシンボルの案についての募集は以前から行われていたが、ようやく投票期間が近づき新たなXRPのシンボルが誕生しようとしている。この投票期間は6月1日から7日となっているため、興味のある方は投票してみてはいかがだろうか。

XRPシンボル投票はこちら→https://xrpsymbol.com/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 匿名通貨といえば

  2. XRPをBinanceの基軸通貨に

  3. ETF延期は悲観するものではない

  4. 暗号通貨合法化に向けて、動き出す

  5. xRapidの本格始動に期待が高まる

  6. ライトコイン(LTC)とは

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ