ニュース

コインチェック、6月中に全面再開予定

マネックスグループの松本CEOは毎日新聞で「コインチェックは6月中に全面再開」とコインチェックの再開時期について述べた。

マネックスグループはコインチェックでの暗号通貨業界参入だけでなく、アメリカやオーストラリアなどの海外に向けて暗号通貨事業を展開する意思を示している。また、月次で開示していたグループ全体の連結業績開示を4月分から廃止すると発表した。

コインチェック買収決定時に行われた記者会見で「2か月を目途に再開」と述べていた通りに全面再開する予定だ。コインチェックではMoneroやDASHなどの匿名通貨の取り扱いが廃止になり、日本の取引所では匿名通貨の取り扱いが禁止になってしまっている。しかし、松本氏は「コインチェックは多くのコインを用意してきた」とコインチェックの今までの顧客からの支持の理由を考え、業務再開後に取扱通貨を増やしていく方針を明らかにした。匿名通貨の扱いや海外の大手取引所のような豊富な種類を揃えることはできないかもしれないが、日本では珍しい豊富なコインを取りそろえる取引所となるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨取引所の口座開設するにあたって

  2. コインベース、1億ドル規模のEarn.com買収を発表

  3. DELLグループが特許へ

  4. 仮想通貨の詰め合わせを販売?

  5. イーサリアムの凍結の衝撃

  6. またもやチャイナリスク、ビットコイン一時八万円台まで下落

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響