ニュース

タイ、ICOでの資金調達可能資産を規制

タイの証券取引委員会(SEC)は仮想通貨規制に関する考えを自由に発言する場を設け、その様子をFacebookで中継した。この議論では特にICOについて焦点が絞られていた。その中でSECがICOでの資金調達可能なものはSECが認可した暗号通貨とタイバーツのみと考えていることが明らかとなった。

現在、タイではICOに対してそのような処置は取られていない。先日に新たな暗号通貨規制枠組みが発表されたがICOに関してのものではない。また、財務大臣もこのICOについては合法なものである限り支持するとの考えを述べていることから、ICOの全面禁止は考えにくい。ただ、相次ぐICOの詐欺に対応する形で得られる収入の制限やICOに関する監視は行われていくだろう。

ただ、ICOそのものを禁止するのではなく、調達できるものを限定するのは良い案なのではないだろうか。確かに自由度は低くなるが資金洗浄がしにくい暗号通貨のみを許可することで防げる被害も多いのではないだろうか。また、ICOに関して本人確認と資金洗浄対策をとっていることを要求しているため、タイでのICOは信頼度が上がるのではないだろうか。もちろんそれにより自由な資金調達ができないと感じるものもいるかもしれないが、投資家にとっては安心できる環境となっているのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国で暗号資産の大手取引所フォビが取引開始

  2. 仮想通貨規制の難しさ

  3. 連れ安でほぼすべての仮想通貨が下落

  4. フィリピン法規制へ

  5. マウントゴックス事件に関係したとされるダミー企業がイギリスに

  6. 仮想通貨取引バイナンスが金融庁から警告を受ける

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立