ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

米国とカナダの規制当局は21日に、ICO(イニシャルコインオファリング)に関する共同取り締まり強化を発表したばかりだ。

そんな中、早速、サウスカロライナ州の検事総長事務局は、ブロックチェーンの新興企業であるシップチェーンに無登録でトークンを売却し、州の証券法に違反したとして、停止命令を出したと報じられた。

もし、命令が成立した場合、シップチェーンはサウスカロライナ州における、または、サウスカロライナ州から何らかの証券業界に参加したり、または、ビジネスを行うことが禁止されることになる。同社は聴聞会を要請する30日間の猶予が与えられ、トークン売却が無登録の証券販売にあたらないと主張することが可能となる。

シップチェーンはツィッター上で、サウスカロライナ州の検事総長事務局からの命令に同社の弁護士が正式に返答する準備をしているとした。この報道を嫌気し、シップチェーンコインは、22日急落。コインマーケットのデータ上では、前営業日比—39%安の0.065ドルで推移した。シップチェーンコインは商品の出荷の軌跡をたどるイーサリアムを基本としたプラットフォーム。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 広く活用が期待される「ブロックチェーン技術」

  2. 暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

  3. 昨日(12/12)のニュースまとめ

  4. 大手取引所BTCC、レバレッジ20倍の取引環境提供へ

  5. カザフスタン、マイニングに関する法案[課税対象外]

  6. 仮想通貨の割安・割高ランキング

PAGE TOP

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]

ニュース

HuobiWallet、Credと提携[借入・貸出・利息]