ニュース

CFTC、仮想通貨派生商品の指針を発表

派生商品の監視をする米商品先物取引委員会(CFTC)は21日、仮想通貨商品のサービス開始を考えている取引所やクリアリングハウスに対して取引に関する指針を発表した。CFTCは仮想通貨の派生商品供給で、最善の状態で実行できることに焦点をあてていいる。CFTCの諮問委員会は「取引所には仮想通貨の現物市場が監視きるほか、連邦規制当局と協力する計画があり、市場と対話ができる能力がなければならない」とした。

CFTCの市場監督部門の委員長でもあるZaidi氏は声明の中で、「仮想通貨市場が発展していく上で、規制に従いながら革命のペースに追いつくよう、CFTCスタッフは市場参加者を支援するための追加的ガイダンスを供給していくよう努力していく」と言及した。

CMEとCboeグローバルマーケッツは昨年12月にビットコイン先物を開始。しかし、ビットコインの変動率の高さ、市場の透明性の欠如、サイバーの脆弱性などが、先物委員会を含めて投資家の懸念となり、仮想通貨の派生商品が承認される前に、きちんと調べるようCFTCに要請があった。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

  2. 政府機関のペーパーレス化[オーストラリア]

  3. 政治プラットフォーム、ネムブロックチェーン企業と提携

  4. 【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっ…

  5. 中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

  6. 金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備