ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

国内産暗号通貨NANJCOINとビットキャッシュがコラボし、eスポーツと暗号通貨の発展を目指す。

アメリカのイリノイ州で開催されるeスポーツ大会、COMBO BREAKE2018に出場するプロの格闘ゲームプレイヤー4名に暗号通貨NANJCOINを使用した直接的な支援を行うことができる。このイベントでは電子マネー、ビットキャッシュの発行元ビットキャッシュ株式会社とNANJCOINを発行するNANJ株式会社がコラボしたもので、新たなエンターテイメントとして注目されつつあるeスポーツと暗号通貨の発展を目指したものとなる。

とくにNANJCOINはスポーツの支援・応援、チームへの資金的援助を目的としたコインであるため、今回のスポーツ領域での活用は他のスポーツや選手へ支援をしたいと考えている人々にとっていいPRになるのではないだろうか。また、ビットコインキャッシュは1997年サービス開始時から20年間電子マネー、ビットキャッシュを展開し決済技術の提供を行っている会社でもあるが、新たな事業としてeスポーツへ本格参入し、日本でのeスポーツ普及・発展に力を入れている。このイベントは5月25日金曜日17時~5月28日月曜日12時までとなっている。

NANJCOINって?→https://coinsforest.com/p/9627/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 野村ホールディングスも、サービスに向け研究開始

  2. 北朝鮮も⁈制裁回避のため独自通貨発行へ動くのか

  3. すべてがひっくり返る可能性も?[フィスコの支援・Zaifの立ち位置]

  4. 北米ビットコイン・カンファレンスでビットコイン支払い受付停止

  5. 暗号通貨業界への新規参入企業[日本]

  6. メキシコも仮想通貨を法規制へ

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場