ニュース

イギリスのLMAX、暗号通貨市場参入

イギリスの取引プラットフォームLMAXが暗号通貨市場に参入する。

証券会社や老舗の大手金融会社も暗号通貨市場への参入が行われている流れに乗って、LMAXでも同じように機関投資家向けの取引所を開設するようだ。LMAXはこの取引所を開設した際にニューヨークや東京に進出する可能性があるとされているが、イギリスの金融行為規制機構(FCA)から規制を受けているため、今現在では活動をロンドン内に制限される。

金融企業・証券会社として知られている企業が暗号通貨の取引に乗り出すことで、暗号通貨業界の法整備や認知、適切な取り扱いを促せるのではないだろうか。機関投資家らが関心を示しているのは確かだが、歴史がなさすぎる会社や政府の規制の追い付いていない状態から手を出せずにいた。そういった状況を改善し、機関投資家らが安心して取引できるようになれば、暗号通貨市場も活発になるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術・スマートコントラクトを学ぶなら…

  2. カウンターパーティーリスクとは?

  3. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  4. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  5. インド、暗号通貨友好国を調査 規制緩和か

  6. 中国政府、ブロックチェーン技術開発に積極的

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ