ニュース

イギリスのLMAX、暗号通貨市場参入

イギリスの取引プラットフォームLMAXが暗号通貨市場に参入する。

証券会社や老舗の大手金融会社も暗号通貨市場への参入が行われている流れに乗って、LMAXでも同じように機関投資家向けの取引所を開設するようだ。LMAXはこの取引所を開設した際にニューヨークや東京に進出する可能性があるとされているが、イギリスの金融行為規制機構(FCA)から規制を受けているため、今現在では活動をロンドン内に制限される。

金融企業・証券会社として知られている企業が暗号通貨の取引に乗り出すことで、暗号通貨業界の法整備や認知、適切な取り扱いを促せるのではないだろうか。機関投資家らが関心を示しているのは確かだが、歴史がなさすぎる会社や政府の規制の追い付いていない状態から手を出せずにいた。そういった状況を改善し、機関投資家らが安心して取引できるようになれば、暗号通貨市場も活発になるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ロシア、技術に積極的な新首相誕生[ブロックチェーン]

  2. 中国、規制強化するも詐欺は減らず

  3. 分裂危機にビットコイン取引所が連名で共同声明

  4. オーストラリア、ICO規制改正

  5. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

  6. 51%攻撃からの負の連鎖[ETC]

PAGE TOP

コラム

ドル円 鉄板【R-1】発動‼ “仏のR特別講義”

コラム

海外FXブローカーは非常事態を待っている‼

ニュース

Huobi,レバレッジ取引サービス開始へ

ニュース

ビットバンク、スマホでの本人確認に対応[システムはシンプレクスが担当]

ニュース

利殖勧誘事犯、増加傾向[詐欺の手口を確認]

ニュース

FATF声明発表[対策に非協力的としてイラン・北朝鮮を名指し]

ニュース

楽天ウォレット、暗号資産証拠金取引サービス開始[法改正]

ニュース

昨日(3/26)のニュースまとめ