ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ポーランド財務省は確かな情報・調査をして規制の質を改善するために、一時的に暗号通貨への徴税を中止する。

ポーランド政府は暗号通貨に対して批判的な立場で、反暗号通貨運動のスポンサーになったり、キャンペーンを実施したりと、暗号通貨を否定することに注力しているようにも見える。しかし、政府はこうした警告を行ってはいるものの、暗号通貨の取引やそのものに対する規制は行っていない。今回の徴税を中止は徹底的な暗号通貨分析と税金関連制度、経済分野を規制する制度の整備を行おうためのものとなっている。実際にどういった規制がなされるかは不明だが、現在のポーランドの暗号通貨に対する課税は創始した資金量を上回る可能性があるもののため、それらの税の見直しが行われるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Coinbaseへの上場検討で価格急騰

  2. アメリカでの規制状況

  3. FRB「暗号通貨の価格変動は脅威になり得ない」

  4. RippleNet200社以上加盟、銀行がXRP活用[SWIFT/II…

  5. 国内取引所 Zaif

  6. 米小売大手ウォルマート、ブロックチェーンで配送管理

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]