ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ポーランド財務省は確かな情報・調査をして規制の質を改善するために、一時的に暗号通貨への徴税を中止する。

ポーランド政府は暗号通貨に対して批判的な立場で、反暗号通貨運動のスポンサーになったり、キャンペーンを実施したりと、暗号通貨を否定することに注力しているようにも見える。しかし、政府はこうした警告を行ってはいるものの、暗号通貨の取引やそのものに対する規制は行っていない。今回の徴税を中止は徹底的な暗号通貨分析と税金関連制度、経済分野を規制する制度の整備を行おうためのものとなっている。実際にどういった規制がなされるかは不明だが、現在のポーランドの暗号通貨に対する課税は創始した資金量を上回る可能性があるもののため、それらの税の見直しが行われるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Microsoft、暗号通貨関連事業に積極的

  2. 世界有数の金融企業、暗号通貨業界へ参入か

  3. コインベースがイギリスで「電子マネー」の認可取得

  4. ブロックチェーンで国境を越えた試み

  5. SEC仮想通貨業界全調査へ

  6. 米規制当局がビットファンダー創業者を起訴

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]