ニュース

メキシコの規制状況

メキシコでは銀行口座の普及が行われていないため、金融機関に対する信頼も銀行口座が普及している国に比べて圧倒的に低くなっている。そのため、同国は暗号通貨が普及しやすい環境となっている。

政治状況から自国通貨が安定していないアフリカ大陸諸国では、米ドルなどとも交換できず、いつ何が起こるかわからない自国通貨よりBTCやETHなどの一定の価値を持つ暗号通貨のほうが信用されている状況にある。メキシコではそういった状況ではないが、銀行という機関が国民と密接な関係ではないために、業務内容などの不透明さの問題がある。

暗号通貨業界にとって普及しやすい環境というのは確かで、2017年のメキシコに存在するフィンテック企業は2000社以上となっており、これは2015年と比較して約40倍にもなる。

また、同国でも国内経済を発展させる有効手としているため、暗号通貨に対する特別な規制は行われていない。ただ暗号通貨関連業者はフィンテック企業としてメキシコ銀行への登録を義務付けて、整備していく方針ではある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 不正流出したNEMが20口座に分散か

  2. 6月中に新審査基準の結果公表か[日本]

  3. Bainance、素早い対応

  4. SNS、情報汚染対策を

  5. 日本初7nmのマイニング用ASICチップ製造

  6. 営業中、登録業者の処分一覧

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ