ニュース

メキシコの規制状況

メキシコでは銀行口座の普及が行われていないため、金融機関に対する信頼も銀行口座が普及している国に比べて圧倒的に低くなっている。そのため、同国は暗号通貨が普及しやすい環境となっている。

政治状況から自国通貨が安定していないアフリカ大陸諸国では、米ドルなどとも交換できず、いつ何が起こるかわからない自国通貨よりBTCやETHなどの一定の価値を持つ暗号通貨のほうが信用されている状況にある。メキシコではそういった状況ではないが、銀行という機関が国民と密接な関係ではないために、業務内容などの不透明さの問題がある。

暗号通貨業界にとって普及しやすい環境というのは確かで、2017年のメキシコに存在するフィンテック企業は2000社以上となっており、これは2015年と比較して約40倍にもなる。

また、同国でも国内経済を発展させる有効手としているため、暗号通貨に対する特別な規制は行われていない。ただ暗号通貨関連業者はフィンテック企業としてメキシコ銀行への登録を義務付けて、整備していく方針ではある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨の犯罪利用防止に一手

  2. Bitcoin取引所Kraken、カナダでサービス開始

  3. 仮想通貨で儲かった人はリタイヤ生活?

  4. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  5. 中国人民銀行がICO禁止について検討へ

  6. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨は決済手段として普及するのか

ニュース

昨日(6/18)のニュースまとめ

ニュース

オーストラリア、徴税強化

ニュース

カザフスタン、規制を行いつつも技術支援

ニュース

同性婚をブロックチェーン技術で

ニュース

自転車を使って暗号通貨を獲得?!

ニュース

EOS、一時停止するも5時間で問題解決

ニュース

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)