ニュース

メキシコの規制状況

メキシコでは銀行口座の普及が行われていないため、金融機関に対する信頼も銀行口座が普及している国に比べて圧倒的に低くなっている。そのため、同国は暗号通貨が普及しやすい環境となっている。

政治状況から自国通貨が安定していないアフリカ大陸諸国では、米ドルなどとも交換できず、いつ何が起こるかわからない自国通貨よりBTCやETHなどの一定の価値を持つ暗号通貨のほうが信用されている状況にある。メキシコではそういった状況ではないが、銀行という機関が国民と密接な関係ではないために、業務内容などの不透明さの問題がある。

暗号通貨業界にとって普及しやすい環境というのは確かで、2017年のメキシコに存在するフィンテック企業は2000社以上となっており、これは2015年と比較して約40倍にもなる。

また、同国でも国内経済を発展させる有効手としているため、暗号通貨に対する特別な規制は行われていない。ただ暗号通貨関連業者はフィンテック企業としてメキシコ銀行への登録を義務付けて、整備していく方針ではある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 今後の「5年間」で暗号通貨を取り巻く世界は大きく変わる

  2. bitFlyerヤマダ電機と提携もアクセス難航続く

  3. Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

  4. ライトニングネットワークでAmazonギフトカード購入可能

  5. なりすまし詐欺が多発[Twitter上で]

  6. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入