ニュース

カナダの規制状況

カナダ仮想通貨業界は政府から特に厳しい規制を課すことなく、またマイニングに適した冷涼な環境でもあるため暗号通貨取引、マイニング、ICO、ブロックチェーン分野でも重要な地位を得ている。

カナダの金融基準委員会(FINA)は既存の2014年金融法を修正し、法律の適用範囲内に暗号通貨を取り込んで、暗号通貨会社被規制当局への登録の義務付け、銀行には未登録企業との取引の禁止が決められた。暗号通貨の取引や使用についての規制は行われていない。

またカナダはブロックチェーン技術開発・活用が活発に行われているため、ブロックチェーン市場規模は世界第三位となっている。実際政府でもブロックチェーンプラットフォームを開発し、海外からの旅行者が個人情報を政府機関に送信するためのものを提供している。また銀行では資産移動を電子的に追跡するための管理システムを開発するなど、同国内のブロックチェーン技術開発への取り組みは積極的に行われている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 世界はビットコインが目障りでリップルを歓迎する

  2. Facebook、独自通貨の販売計画進める

  3. 割賦販売法改正、閣議決定[クレジットカードの不正利用問題]

  4. ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

  5. BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

  6. Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート…

PAGE TOP

コラム

エントリーは【際】で入る “仏のR特別講義”

ニュース

女性に aid の購入を勧められた[懸念点を解消してから信頼を]

ニュース

フランス中央銀行、デジタル通貨実験参加者募集[CBDC]

ニュース

コミュニケーション促進にブロックチェーン[実証実験]

ニュース

Zaif,取り扱いコイン3種廃止発表[BCY,SJCX,PEPECASH]

ニュース

昨日(3/31)のニュースまとめ

コラム

相関確認がトレードを優位にさせる“仏のR特別講義”

ニュース

VALU、サービス終了[出金手続きは延長]