ニュース

カナダの規制状況

カナダ仮想通貨業界は政府から特に厳しい規制を課すことなく、またマイニングに適した冷涼な環境でもあるため暗号通貨取引、マイニング、ICO、ブロックチェーン分野でも重要な地位を得ている。

カナダの金融基準委員会(FINA)は既存の2014年金融法を修正し、法律の適用範囲内に暗号通貨を取り込んで、暗号通貨会社被規制当局への登録の義務付け、銀行には未登録企業との取引の禁止が決められた。暗号通貨の取引や使用についての規制は行われていない。

またカナダはブロックチェーン技術開発・活用が活発に行われているため、ブロックチェーン市場規模は世界第三位となっている。実際政府でもブロックチェーンプラットフォームを開発し、海外からの旅行者が個人情報を政府機関に送信するためのものを提供している。また銀行では資産移動を電子的に追跡するための管理システムを開発するなど、同国内のブロックチェーン技術開発への取り組みは積極的に行われている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フィンランドにて麻薬とともに100万ユーロ相当のビットコインが押収され…

  2. Binance、韓国市場参入

  3. インド政府がビットコインを投機として認めない?

  4. 昨日(6/18)のニュースまとめ

  5. ブロックチェーン技術とAIの連携

  6. Tetherの利用規約が変更

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ