ニュース

アメリカでの規制状況

アメリカの暗号通貨に対する規制は証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)によって行われている。デジタル資産はSECの管轄・規制範囲に分類されている。現在アメリカでは透明性・競争力の高い金融社会を目指したいと考えながらも、投資家保護もおこないたいためにいまICOやトークンの扱いに慎重な姿勢を示している。ただ、法規制によって新しい技術の革新・発展を妨げてはならないとし、過度な規制は行っていない。ただ、各州で規制の規模は違うため、暗号通貨の利用を促進している州もブロックチェーン技術を促進している州もある。

ただSEC・CFTCは慎重になっているが、アメリカの金融機関は暗号通貨取引に対する取り組みは活発になっており、JPモルガンやゴールドマン・サックスなどといった伝統的な金融機関は新しい技術の開発・導入にも動いている。他にもテック企業R3は銀行向けのプラットフォームを開発するプロジェクトを開始している。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

  2. ウクライナ、暗号通貨は金融商品か

  3. 国際送金にXRP

  4. ウィズコイン、ついに集団訴訟か

  5. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  6. SBIがJCBなどと提携

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化