ニュース

サンタンデール、投票にブロックチェーン技術導入

スペインに拠点を置く国際銀行、サンタンデールは世界で初めて株主の議決権投票にブロックチェーン技術を導入した。

サンタンデールはリップルを利用した国際送金を開始するなど、技術への関心だけでなく実際に導入する速度も速い。400万人以上もの株主を擁し、ヨーロッパ最大の銀行である同行の腰は重くない。今回のこの取り組みはjpモルガンとノーザン・トラストが管理を行う機関として参加し、サンタンデールのブロックチェーン専門組織と共同で行われた。

このブロックチェーン技術を利用した投票ではその透明性はもちろん、受付や集計の効率性を高めることができる。実際にアメリカでも政府機関によるこの取り組みは実験的に行われている。日本でも投票率やその透明性が疑問視されているが、ブロックチェーン技術を用いてのネットでの本人確認をしたうえでの投票が可能になれば全体の投票率だけでなく、関心も高まるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所BITPoint、新たなキャンペーン開催[]

  2. 仮想通貨のトークン利用で渋滞解消

  3. オウケイウェイヴが仮想通貨業界へ進出

  4. 「キャッシュバック」ならぬ「仮想通貨バック」するクレジットカードが登場…

  5. 暗号通貨トロン(TRON)、[SunNetwork]実装計画

  6. ロシア初、債券取引をブロックチェーンプラットフォームで

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]