ニュース

サンタンデール、投票にブロックチェーン技術導入

スペインに拠点を置く国際銀行、サンタンデールは世界で初めて株主の議決権投票にブロックチェーン技術を導入した。

サンタンデールはリップルを利用した国際送金を開始するなど、技術への関心だけでなく実際に導入する速度も速い。400万人以上もの株主を擁し、ヨーロッパ最大の銀行である同行の腰は重くない。今回のこの取り組みはjpモルガンとノーザン・トラストが管理を行う機関として参加し、サンタンデールのブロックチェーン専門組織と共同で行われた。

このブロックチェーン技術を利用した投票ではその透明性はもちろん、受付や集計の効率性を高めることができる。実際にアメリカでも政府機関によるこの取り組みは実験的に行われている。日本でも投票率やその透明性が疑問視されているが、ブロックチェーン技術を用いてのネットでの本人確認をしたうえでの投票が可能になれば全体の投票率だけでなく、関心も高まるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 金融機関、現システム改良で対応時間拡大へ

  2. P2Pプラットフォームで顧客確認

  3. モスクワでブロックチェーン導入

  4. 非中央集権は幻想か

  5. ランサムウェアよりクリプトジャックが主流に

  6. HISグループ率いる沢田氏が仮想通貨業界に参入

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]